1. ホーム
  2. 看護師の知恵
  3. ≫看護師の転職成功のための履歴書の書き方

看護師の転職成功のための履歴書の書き方

【看護師転職の履歴書を書く上での注意点】

看護師と言えば、独自のスキルや知識を習得し、資格を取得する事でなれる職業です。

しかし、そんな看護師でも、働くためには、当然就職活動をしなければなりません。

そして就職活動を行う上で欠かす事が出来ないのが、履歴書です。

履歴書を書く上では、どのような点に注意したら良いのでしょうか。

【看護師の履歴書と職務経歴書】

就職活動中や転職時に必ず用意する事になるのが、履歴書です。

転職活動をしている方ならば、そこに更に職務経歴書がプラスされます。

看護師の場合も、当然履歴書は、必須です。

では、看護師の履歴書は、一体何に気を付けたら良いのでしょうか。

【志望動機と自己PR】

どの職種でもそうですが、一番頭を悩ませるのは、志望動機と自己PRでしょう。

志望動機では、何故この病院で働きたいと思ったのか、何故他の病院では駄目だったのかを、分かりやすく説明しなければなりません。

まずは、どうしてその病院に興味を持ったのかを説明しましょう。

そこに自分が学生時代や前の職場(病院)で経験した事を乗せ、最後に「こう言うことをしたいが、それは、このような理由からこの病院でしか出来ないと思った」と言う旨で締めます。

基本的には、興味を持った理由、今まで頑張った事やそこから得た経験、これからどうしたいかの3つを関連づけて説明すると分かりやすいです。

【看護師のスキルの証明、職務経歴書はしっかりと】

既に看護師として働いた事がある方は、職務経歴書を書く事になりますが、この職務経歴書は、言ってみれば、その人のスキルや知識の証明になります。

そのため、少しでも自分の経歴を分かりやすく説明出来るよう、配属された先の診療科や病棟などまで、しっかりと記載して、自分が今までにどのような仕事をしてきたのか分かるようにしましょう。

書類選考を突破して、面接で聞かれた際に、エピソードを添えて話をすると、面接官に伝わりやすいです。

職務経歴書の作成段階で、ある程度、面接時のイメージもしておくと、より良いと言えます。

【言葉遣いには気を付ける】

履歴書を書く上では、当然と言えば当然の事ですが、言葉遣いには十分に注意しましょう。

基本的には、一般企業の面接を受ける場合と同じような内容で構いませんが、病院であれば、「貴院」と言う言葉を用います。

語尾はです・ます、で統一し、あくまでも他人に読んでもらう文章である事を念頭に置いて書きましょう。

【パソコンは使用しない】

以前に比べて、パソコンで作成した履歴書も受け入れられるようになりましたが、やはり手書きの履歴書の方が好印象です。

丁寧に書く事で、その人がどれだけ真剣に面接に臨んでいるのかが伝わってきます。

【文字は丁寧に、読みやすく】

文字を書く時は、黒の水性ペンで書くと良いでしょう。

履歴書を書く上で気を付けたいのは、丁寧に読みやすい文字を書く事です。

中には文字があまり綺麗ではない人や、文字に癖がある人も居るでしょうが、他人に読んでもらう事を忘れずに丁寧に書けば、例え綺麗ではなくても、好印象を受けます。

もちろん、誤字脱字は禁物。

誤字脱字を見付けてしまった場合は、修正液や修正テープを使用するのではなく、全て書き直すようにしましょう。

【最初に下書きをする】

誤字脱字をして全て書き直しになってしまうと、ガックリしてしまいます。

そんな状態にならないためにも、最初に鉛筆やシャープペンなど、消える筆記用具で下書きをしましょう。

下書きを推敲する事で、事前に誤字脱字を防ぐ事が出来ますし、ペンで清書する時にも誤字脱字やおかしな表現に気付く事があります。

下書きは、誤字脱字の二重のチェックになるのです。

【消えるボールペンを使用しても良いか】

修正液や修正テープを使用する事が出来ないなら、消えるボールペンを使用すれば良いじゃないか。

そう考える方は、少なくありません。

確かに消えるボールペンは、一見すると普通のボールペンと変わりません。

そのため、ただ読むだけならば、消えるボールペンでも問題はないのですが、実は別のところに問題があります。

それと言うのも、消えるボールペンは、コピーをするとインクが消えてしまう事があるのです。

履歴書や職務経歴書、エントリーシートはコピーされる事が多いので、やはり履歴書などを書く時は、消えるボールペンは避けた方が良いです。

まとめ

履歴書は、あなた自身を紹介する公式な文書となります。

最新の注意を払って作成しましょう。

学歴の詐称などがあれば、解雇となります。

そういう意味でも、履歴書の重要性がわかってもらえると思います。

まず、看護師の転職の流れでは、書類選考でふるいにかけられます。

つまり、履歴書の書き方をみて、ある程度のイメージを面接官は持ちます。

次に、面接で、そのイメージと違いがないか、確認作業していきます。

面接官は、履歴書の第一印象である程度のイメージを作ってしまっています。

それだけ、履歴書は重要なものです。

全力で、良い履歴書を作成し、書類審査を突破して看護師転職を成功させましょう。