1. ホーム
  2. 看護師派遣の働き方
  3. ≫海外で看護師として働くには

海外で看護師として働くには

基本的に日本の看護師資格では海外の病院で正看護師として働くことはできません。

しかし、病院の正看護師でなければ海外で看護師の仕事をする道はあります。

看護師が海外で仕事をするには

最も近道なのは、ボランティアや災害支援活動に日本の援助部隊の一員として参加することです。

他には、国や大学病院などが実施している海外研修制度を利用する、もしくは働きたいと考えている国の看護師資格を取得することです。

海外援助部隊のひとつに国際協力機構(JICA)があります。国際的なボランティア団体で、医師不足が深刻な発展途上国に多くの医療スタッフを派遣しています。

派遣されたスタッフは現地の病院に所属して、スタッフに医療の指導や教育をするとともに、現地の人たちの健康管理を行います。

参加にあたり年齢制限は特にありませんが、選考試験があります。

合格した後には、現地に派遣されるまでの間、最長で6ヵ月間の技術保管研修と35日または70日間の派遣前訓練を受けなければなりません。

派遣期間は、原則2年間です。

先進国での海外研修を希望している場合には、派遣制度がある病院に入職することです。

派遣制度を導入している病院はあまり数が多くないので、求人に応募する際に確認をするとよいでしょう。海外研修制度を導入している医療機関のひとつに静岡がんセンターがあります。

毎年2名から3名が派遣され、旅費・研修費用などを付託してくれます。

院内の選抜試験に合格すれば海外で看護師のスキルアップができます。

海外の看護師の資格を取得するには言葉の壁があります。現地の学校に入って学び、試験にパスすることが必要なので、ネイティブ以上に読み書きや会話が堪能であることや専門用語を理解していることが条件です。

また、資格を取得できても、就労ピザか永住権がなければ働けません。

例外としてイギリスでは日本の看護師資格があって、英語のレベルが条件に達していれば看護師として登録できます。

かなり厳格ではありますが、審査にパスできれば看護師として働けます。