1. ホーム
  2. 看護師派遣の働き方
  3. ≫看護師派遣のススメ

看護師派遣のススメ

正看護師と看護師派遣にはそれぞれメリット・デメリットがあります。
これは社会で働いて給与を貰っている以上、看護師も同じでその環境を理解したうえで働く必要があります。

しかし、働き続ける上で著しく支障や困難を来たす場合には働き方を変えることも必要なことかもしれません。
このような状態になった正看護師が退職した後、次の働き方として看護師派遣を選ぶ人が増えている理由についてご紹介していきましょう。

派遣の場合、働き方を選ぶことが出来ます
派遣看護師・パート看護師・アルバイト看護師などです。
勤務時間や勤務体制、勤務日数や曜日も希望を叶える事が出来ます。
夜勤なしの日勤のみであれば、家庭や育児との両立をしながら働くことができるため、主婦の方には人気の働き方です。


子育てから手が離れたご家庭や2世帯住宅・同居といったご家庭では敢えて夜勤のみの働き方を選ぶ場合もあるようです。
夜勤のみ働き方の最大のメリットは、手当ての金額が高いので一回の支払額が多いことです
そのため出勤日数が少なくてもある程度の収入が期待できます。
近年注目されているのが介護施設での業務です。
病院勤務程の医療行為がない上に、基本的には残業なしの平日日勤業務です。
そのため、ブランクがある方にお勧めの仕事の一つとなっています。
介護施設は増加傾向にあるため、今後も需要が多い職場となることは必至です

(出典)国⽴社会保障・⼈⼝問題研究所「⽇本の将来推計⼈⼝(平成24年1⽉推計)」、総務省「平成26年度⼈⼝推計」、厚⽣労働省「平成26年度介護給付費実態調査」より経済産業省が作成

 

正看護師として働くメリットは社会保障制度や退職金があることですが、その分勤務体制を選ぶことはできません。

派遣看護師はその保障がない分、働き方を選ぶというメリットを手に入れました。
その働き方は派遣会社が医療施設側と交渉してくれるので、自分自身が直接交渉に関わる必要もありません。

そうして出来上がった契約内容に基づいて契約期間内に業務を行えば良い訳です。
契約期間が満了になればその職場ともわだかまりなく去ることができます。
正看護師ならではの「しがらみ」と引き換えに、働き方を選べる看護師派遣の制度に魅力を感じたなら、すぐに派遣会社に登録してみることをお勧めします。