1. ホーム
  2. 看護師派遣の働き方
  3. ≫看護師の復職や再就職には派遣からリハビリがオススメ

看護師の復職や再就職には派遣からリハビリがオススメ

21932

ブランクあっての再就職への道

「そろそろ、働こうかなぁ。」とふと思いたって求人検索をはじめました。「ブランクありと未経験って同じかな?いや、未経験なわけではなくて、ブランクがあるからちょっと不安なんだよね。でもここは、未経験といっておいたほうが無難かな?」

再就職を決めていざ検索なんかを始めると色々なことで悩んだり考えたりしてしまうと思います。

特に子育てからの復帰ですと、10年以上、現場から離れた生活をしていた方もいらっしゃるかもしれません。10年以上のブランクは、あっという間とはいえ、自分から自信満々に「すぐに働けます!」とは言えないですものね。

thint早い話、結論としては、実はどんなにブランクがあっても働けるんです。

b_006だけど、それはやってみないと本人には分からないことですから、「大丈夫大丈だよー」とか「なんとかなるよ」なんて気休めとも思える言葉をかけられても、信じられないのが現実なのです。

仕事を辞めるまでの経験年数によっては確かに差があることは仕方がないかもしれません。

極端に短く、1年程度の経験後すぐに結婚が決まりそのまま家庭に入っていた場合、10年以上勤務経験があった上で家庭に入ったり、他の仕事にチャレンジした後であったり。経験は様々でしょう。でも、独特なこの世界。でも医学が進化していくことに比べて「看護」という観点から見た場合、それほど大きな変化というものはありません。

基本的なところ、所謂「看護理論」における、ナイチンゲール・ヘンダーソンの教えは進化というよりは現行し続けるものといえると考えられます。

確かに、医学が進化したり医療器材が進化したりするので、そこについていけるかどうかの不安は残ってしまうのですが、基本的に看護師の役割が何かが身についている限り、ブランク云々でなく働けるというわけです。

だから、あの大変だった看護実習やらを乗る超えて得た免許を活用し、世の中のために働けて、お金になるのならば自信をもって復職すべきだと思うのです(笑)

話は戻って、「働ける」という自信をもつことから初めて、次は勘を取り戻したり、よりよい職場を見つけるという意味で「派遣登録」し、ブランクありでも働ける職場に行ってみることを第一歩とする人が多いように見受けられます。
72
実際問題、働くということは大なり小なり組織の中に埋もれなくてはいけません。

どのような病院・クリニック・施設なのか、どんな人が働いていて人間関係はどんな感じなのか?

リサーチしてから入るほうが安心かもしれませんね。

ブランクありの派遣はどんなものがある?

「ブランクありOK」となっている求人は、病院・クリニック・老人ホーム、様々です。たくさんあるということです。「ブランクありOK」には詳細に記載がありますので、そちらも確認して探すとより自分に合った場所がみつかるかもしれません。

例えば、「経験が浅くても」とか「病棟経験3年以上」とか「クリニック経験はなくてもよい」とか色々あります。また派遣で働く場合、アルバイトやパートとは違うため、すぐに施設側のスタッフになるわけではなくあくまでも外側の人間として入っていけることも特徴です。

派遣ですと、責任のある仕事はまず任されません。例えば、鎮静剤など即効性のある薬剤の静注。それから会計に関わるような書類。患者さんへの最終説明。勿論、そこに派遣として長期間勤務するようになれば話は別ですが、やはり短期間であったり最初となると、ブランクあるなしに関わらず、常勤の看護師の確認・責任のもとでの仕事となります。

派遣で働く場合は、単純作業(採血・診療介助・各種測定)が主な仕事内容であるといえます。

ある意味、一番メインの部分は派遣が行い、それに付随しておこる細かい調整を常勤の看護師がするといったイメージでしょうか。病棟のリーダーさんと新人さんの関係みたいな感じといったら分かりやすいのかもしれません。

ブランクがあっても、バリバリ働ける人にとては初めは物足りないかもしれませんが、慣れてくれば色々な仕事が増えていきますし信頼もされますので、遣り甲斐にも繋がるかと思います。

1.10年以上のブランクがあって、採血もできるか不安だしできることがあるのかな?

どうしても自信が持てないけど、どんな仕事ならできるかな?と思っている人にオススメは健診などである「計測業務」です。

血圧・身長・体重など測定業務。この仕事は看護師だけでなく臨床検査技師もできる仕事なので求人としては多くはないかもしれませんが、登録しておけば単発で入ってくることもあります。

他にオススメはデイサービス。医療行為は少なく、リハビリ目的である高齢者と触れ合いながらバイタル測定だったり、コミュニケーションなど入りやすいのではないでしょうか?

2.10年以上のブランクになるけれど、介護系の仕事は苦手だな

10年以上ブランクがあったとしても、経験として救急系で勤務していた方などにとって、急に介護といわれても気がすすまない場合もあるかと思います。そんな人のオススメ派遣は、健診の内視鏡介助であったり、病棟の日勤のみ。内視鏡介助は、未経験でも指導してくれるところも多くあります。浸襲のある検査なのである程度の緊張感ももてます。

病棟の日勤だけの派遣も募集をみかけます。どの科を経験されているかで多少受け入れが異なるかもしれませんが、ブランク明けでもテキパキ動きたいという人にはオススメできます。

3.ブランクは2~3年未満だけど、何をしたいのかよくわからなくなってきた。でも看護には携わりたい

看護師だけをしていると、他の仕事をしてみたくなる人もいます。または、なんとなく仕事を続けてきたけれど好きな分野がイマイチみつからない。ただ多忙に過ごすだけに疲れてしまう場合もあるかもしれません。そいうった人には、色々と経験してみる時間として派遣を利用することをオススメします。

正社員として勤務するよりは確かにお給料面では十分ではないかもしれませんが、色々な経験をすることも刺激となるはずです。

4.まだ子どもが小学生で小さいのだけれど、だいぶ手が離れたし働きたいな

子育て中で仕事を再開する場合ですね。お金のために働くということであれば、話は変わってくるのですがこれまで育児中心で生活してきたけれど、そろそろ自分のためにもと考えてのことである場合。

オススメは、クリニックでしょう。クリニックにはママさんナースが多くいらっしゃいます。同じ学校ではない同じ子どもをもつ人と話せる場所にもなります。週に数回から始めてみては?

また子どもが学校に行っている間だけの勤務ということで勤務時間応相談となっているところもあります。

また単発派遣でいうと「午前中のみ」の登録で「健診」のお仕事があります。ただ、こちらの午前中のみの派遣となると、数箇所をかけもちして月に10回程度あればよいという感じ。また、その数回であっても派遣ですと契約したその日は代わりがいないので、自分は勿論家族の健康状態なども注意が必要であるため、「お休みできない!」というプレシャーがあるかもしれません。

5.看護師の仕事を1年程度ですぐに家庭に入ってしまったため実質経験がないようなもの?

確かに、新卒で1年程度の経験ですとなかなか自信をもってとはいかないかもしれません。

でも、1年ではありますが経験がありますし、一番指導してもらえる時期に仕事をしているので基本は叩き込まれているはず!あとはやる気と仕事が好きかどうか?ということだけでしょう。

こういった方は、「未経験OK」や「経験浅くてもOK」や「丁寧に指導します」みたいなコメントを見つけること。

経験値に自信のないのはあなただけではありませんよ!
≫看護師派遣の未経験がワカルページ 完全未経験でも働ける?

 

転職サービスなどを利用して担当のコンサルタントの方の力もお借りするとスムーズかもしれませんね。

派遣で自信がつく瞬間

456
リハビリとしてブランク明けの方が派遣で働いて、継続して働けると自信がもてる瞬間って何なんでしょうか?

受け入れ側として見ていて思うことは、「今のやり方や、そこのやり方をまず受け入れられること」

「やる気の見せ方が上手な人」

が認められたり、一緒に働きたいなと思わせているということ。

自分が派遣で働いていて思うことは、「患者さんとの関係を良好に保つことができる」「一度教えてもらったことでも分からないことはきちんと確認する」「できることとできないことはきちんと伝えられる。」自分はどういう人なのかを自分から伝えられることが勤務態度に反映されるのではないかと。

やる気を見せすぎて、空回りする人もいれば余計なことをしてしまったり、迷惑をかけることに繋がっていたりする場合もあります。言われたことしかしなくて、「働かない」と評価されてしまうこともあります。

やっぱり、ほめられたり「また来てくださいね」といってもらえたり「就職先は考えてるの?」と聞かれたりすることは嬉しいことです。そういった言葉を糧にゆっくりと自分の進む道をみつけてもよいのではないでしょうか。