1. ホーム
  2. 看護師の知恵
  3. ≫看護師さんの慢性的な看護師不足の理由

看護師さんの慢性的な看護師不足の理由

b995658d958e43c05747a79052f911fa_s

よくどこの病院でも「看護師が不足している」といいますが、本当なのか?と持っている方もいらっしゃるかと思います。なぜなら、毎年5万人以上もの看護師が誕生するのに不足し続けるわけがないと思いますよね。数だけを見ていると不足しないように思いますが、不足しているには理由があります。
今回は、看護師の慢性的な看護師不足の理由についてお話していこうと思います。

それは、新たな看護師が誕生してもそれ以上の方が離職しているからです。
そんなにも離職しているのか?と思いますよね。そうなんです。日本には潜在看護師と言って、看護師の免許を持っているけど看護師として勤務していない方がたくさんいらっしゃいます。そのため、慢性的な看護師不足が続いているのです。
では、なぜ皆さん離職してしまうのか?それには理由があります。

036

1つは、仕事より家庭を優先したいと思うから。
最近では、働きながら子育てをする家庭が増えてきたので、理解のある方が増えています。
ですが、昔はそうではありませんよね。女は家庭の中に入るのが当たり前の社会でした。そのため、昔の方は結婚や出産を機に退職する人がほとんどです。そして、一度退職すると復職する気持ちがなかなか湧くことができません。それは復職して、きとんと看護が行えるのか自身がないからです。
看護師ではないひとは、資格があるからいつでも復帰できるじゃない!という方がいらっしゃいます。ですが、看護師からしてみると、点滴や注射をするのが怖いとか、医療は日々進歩しているのに付いていくことができるのか?と不安に思うことがたくさんあるからです。

05e251e87dd90cf2a921d7b6a95ca95e_s

2つめは、看護師の仕事の精神的な負担が大きすぎるからです。
もちろん、仕事をしていればどの仕事も大変なのはわかります。ですが、看護師の場合、生命に関わる仕事なので負担もかなり大きいです。
例えば、老衰で亡くなった場合多くの方が納得できます。ですが、交通事故や急な病気の発症で亡くなった場合、家族の方は納得できませんよね。そういった場合に当たることができるのが看護師です。このような家族への精神的なフォローをするのも看護師の役割です。患者さんへの看護だけではなく家族へのフォローをしていると、精神的な負担もかなり大きいです。この負担に耐えることができなくなり看護師を辞めていく方もいらっしゃいます。

この2つの理由以外も様々な理由があるかと思います。ですが、こういった理由で退職しているので慢性的な看護師不足が継続しているのです。

精神的負担の少ない業務に献血ルームのお仕事があります。採血なら得意!そんなあなたにこちらがおすすめ
≫献血ルームの派遣看護師の求人募集と仕事内容がワカルページ

 

離職の理由も様々ですが、そんな中で活躍し続ける看護師さんのための単発・転職ガイド「看護師派遣on!」