1. ホーム
  2. 看護師派遣の働き方
  3. ≫添乗看護師として働く

添乗看護師として働く

添乗看護師とは個人や団体の旅行において、付添、イベント救護、発病時などの対処、参加者の健康管理を行う看護師です。参加者の健康管理を行い、精神状況も含む健康状態の把握を行い、対処できる範囲での医療サポートや病院への搬送の有無などを本人や主催者側へ促すことが必要です。

添乗看護師は病院で働くのとは違い、限られた範囲の中での医療サポートや正確な判断などを求められるため、基礎的な医療知識や判断力・応用力は必要とされています。また、仕事内容も1日だけの遠足や学校の修学旅行、海外旅行に至るまで多様にありますので、自分の都合に合わせ勤務を選べることや旅行好きな方には向いているでしょうが、旅行などに行けば拘束時間も長くなりますので、体力勝負でしょう。そして、添乗看護師は看護職の中でもサービス業の色が濃い職業ですので、基本的な接遇はもちろん接客サービス、高いコミュニケーション能力を求められるケースも多いといいます。また、添乗看護師の仕事の特徴として、繁忙期と閑散期との落差が激しいため安定した収入を得たい人、安定した仕事をしたい人には向いていない業種かもしれません。

添乗看護師に年齢制限はありませんが、主催者側の要望で年齢や実務経験歴などを求められるケースもあります。短期間の関わりで参加者の健康管理をし、観察することで異常の発見、判断、対応と求められるためできれば実務経験のある看護師の方が適しているかもしれませんが、派遣会社などによれば研修制度など充実しているところもありますので、このような派遣会社へ登録しておくと安心でしょう。

添乗看護師の勤務形態は基本アルバイトやパート、派遣などの非正規雇用の事が多いですが正社員で働けるところもあるようです。また、自分の都合によりスケジュールを決めることが出来るので、ダブルワークにも向いているかもしれませんね。添乗看護師として働くのであればまず派遣会社に登録の上、自分の希望や都合にあった仕事を選んでください。