1. ホーム
  2. 看護師派遣の働き方
  3. ≫派遣看護師として働く方法

派遣看護師として働く方法

看護師は、夜勤や残業があるフルタイムで正職員として働くのが最もポピュラーですが、個々の事情によって幅広い働き方があります。その中のひとつが派遣看護師です。派遣社員は他の業種でもありますが、パートタイムよりも時間的にマイペースで働けるという良さがあります。派遣社員は、非正規雇用の職員です。雇用側にとっては、繁忙期にのみ採用するヘルパー的な存在と言えます。

例えば病院なら、急に正職員が退職して欠員ができたが、とりあえず穴埋め要員が緊急に必要になったとき。あるいは、新しいプロジェクトをスタートさせるにあたり、チームを組んだら人手が足りなくなった、などの理由が考えられます。また、新年度に新人を補充する予定だが、それまでに人手が不足するので助っ人が欲しい、ということもあります。看護師が不足している部門に、一定の期間だけ必要な人員を補充できるのが派遣看護師の役割であり良さです。

また、雇われる側にとっては、フルタイムで働くのは厳しいけど短期間・短時間なら働ける、あるいは働きたい、という理由を持っている人は多いです。自分のライフスタイルに合わせて有効に時間が使えるので、福利厚生の恩恵がなくても働きたいという人は多いですが、勤務状態によっては、派遣会社の社会保険などの福利厚生加入できるので安心です。子育てや介護で働きたい意欲があっても時間的に難しいという人にとっては、働きやすい形のひとつです。

派遣看護師になるには、まず派遣会社に登録することが必要です。勤務契約は派遣先の病院ではなく、派遣会社と交わします。派遣会社の社員として病院なり医療施設で働くことになります。派遣会社は人材の養成があった病院へスタッフを送り込むわけですが、もし残業が多い、時短で帰れないなど勤務条件と実際の労働環境が大きく異なる場合には、派遣会社から病院側に是正の要請をしてもらえます。万が一人間関係が円滑でない場合、派遣会社に相談することができますが、更新しなけれはその職場を離れることができます。派遣会社に登録をしていれば、就職活動をしなくても次の職場を紹介してもらえるという点ではメリットがあります。