1. ホーム
  2. 看護師派遣の働き方
  3. ≫ママさんナース【子持ち、子育て】の為の看護師派遣がワカルページ

ママさんナース【子持ち、子育て】の為の看護師派遣がワカルページ

77

看護のお仕事派遣公式 ママさんナースtop

子持ち看護師さんが多い看護師派遣は日勤?夜勤?

看護師であっても子育てに焦点が当てられることが多くなり、看護師として子育てがしやすい職場環境というのはだんだんと整備されてきています。
しかしそれでも正職員で仕事をしながら、子育てをするということは難しい傾向が強く、一度退職、休職をして子育てに専念をする看護師は少なくありません。

子育てをしながら、看護師として仕事をしていく場合に人気があるのが、派遣による看護師業務です。
派遣であると自分のペース、生活のペースに合わせて、子供も看護師の仕事も大切にしていける傾向があります。また責任と言う面でもメリットがあり、派遣で責任者になってしまうことはほとんどなく、責任が重くなりすぎて子育てに影響が出てしまうということもあります。
アルバイトも選択の一つではあるのですが、派遣のほうがより家庭の都合を大切にしやすく、子育てに専念をしていくこともできます。

067

派遣であると、一日で仕事が完了する、完了するような仕事をすることが多くあり、仕事を引き継いでいく、引きずっていくことが少なくなります。それゆえにプライベートと仕事の住み分けをしやすくなり、メリハリのある仕事をしていきやすくなります。

育児中の看護師にもメリットはありますが、仕事を復帰していく際の、ブランクへ対処するために派遣を選択する人も多く、派遣による看護師というのは非常に融通の利く仕事の仕方として人気があります。

子持ちの派遣看護師は、日勤が良いのか、夜勤が良いのかということですが、多くの人が日勤を選択していきます。
というのも夜勤であると子供を寝かしつける事や、夜中子供を一人にしてしまう可能性があり、日勤のほうが保育園等の施設を利用することができ都合が良いことが多いです。
夜勤のほうが給料的にはメリットがあることが多いですが、子育てという面で見ていくと、日勤のほうが負担は少なくなり、メリットは大きくなります。

子育て中の看護師ママへ 内職探すなら転職サイトで派遣を探そう!

子育てをしている看護師にとって、仕事との両立というのは非常に大きな課題になります。
看護師ではなく別の仕事をして収入を得ていこうとする人もいます。

看護師というのは正職員で仕事をするとやはり子育てとの両立が難しくなってしまうこともあり、一度看護師を辞めていく人も少なくありません。
その結果、事務的な仕事に転職をしていったり、内職等を探して仕事をする人もいます。

FW090

しかし看護師という資格を活かしていきたいと考えている人も多いです。
看護師の資格を活かしながら、子育てをしていくという場合、看護師の派遣というのは大きな選択肢となります。

下手に内職を探そうとするよりも、転職サイト等で派遣の仕事を探していったほうが、収入的にも時間的にもメリットが大きくなることが多いです。

派遣の仕事というのは非常に増えています。
一般的な転職サイトでも派遣の仕事を扱っていることは多くあり、転職サイトで簡単に見つけていくこともできます。

一言に派遣の仕事と言っても、非常に種類があり、多種多様な仕事の中からより自分の生活、子育てスタイルにあった仕事を選択していくこともできます。通常の看護師業務とは少し違う業務内容であるケースもあれば、通常の看護師業務(技術)経験を活かしながら仕事をしていける派遣業務もあります。日勤のみの仕事も豊富にあるので、無理して他業種の日勤の仕事を探していく必要もなくなります。

 

子育て看護師に人気の条件

子育てをしている看護師として重要になる条件、人気の条件と言うものがあります。


人気の条件はこの3つ!

  • 休日休み
  • 夜勤なし
  • 残業なし

 

68
休日休みについてですが、これは土日や祝日が休みということです。
看護師の場合、休みがシフトで決まってしまうことが多く、土日出勤になる可能性も十分にあります。
しかし子育てをしている場合、土日や祝日というのは保育園等を利用することができないケースもあり、この土日祝日に仕事が入ってしまうと、子供の対処が大変になります。
それゆえにシフト制ではなくしっかりと土日祝日休みという条件がある職場を選択していくことが大切です。

この際「土日祝日休み」としっかり記載してあるかどうかを確認することはとても大切です。
「週休二日」等の記載がしてある場合には、休みのあり方については採用担当者、責任者に要確認となります。

69
子育てをしていく上で、夜勤なしというのも重要です。
夜勤があるとどうしても夜子供に対応をすることができなくなります。
夜勤であるとどこかに預けることも難しくなり、実質看護師として仕事をすることが難しくなります。

家族の理解を得ることができれば、仕事をすることは可能ですが、夜に親がいないというのは子供にとっては大きな負担、ストレスになってしまうことも少なくありません。
子育てという意味で夜勤はあまりするべきではなく、できるだけ夜勤なしの条件を提示してくれる職場を見つけていったほうが良いでしょう。

70
保育園などに子どもを預けている場合、残業があるとお迎えの時間に間に合わなくなることがあります。
小学生でも、低学年のうちは学童保育を利用する場合も少なくありません。
こちらも、何時までと最終的な時間が決まっています。
そのため、就業時刻が明確でなければ子育てとの両立は厳しいものがあります。
特に子どもが小さいうちは、残業なしの職場を選んだ方が賢明です。

子育て看護師が多い(働きやすい) 病院の特徴

71

子育て看護師が仕事をしやすい職場というのは、基本的に看護師の人数が多い職場になります。

看護師の人数が多いと、一人が急な休みになったとしても現場としては対応しやすくなります。逆に看護師の数が少ないと一人一人の責任が大きくなり、急な休みが出てくると残っている看護師の負担がとても大きくなります。

それゆえに看護師の数というのは子育てをしていく上でとても重要な要素になります。

72
子育てをしていく場合、小さいクリニックの方がゆったりとした仕事ができるため適していると思っている人がいますが、これは大きな間違いです。
小さいクリニック、看護師が少ないクリニックであると、急な休みが取りにくく、また育児休暇についてもとりにくい状況がつくられやすいです。
子供を育てていく間にはどうしても急な休みが必要になる場面が多くなります。小さいクリニックであるとそこに対応できるだけの現場力がないことの方が多く、基本的にクリニックはあまりオススメできません。

73
一方大きな病院というのは看護師が多くいるため、育児休暇や急な休みは比較的取りやすくなります。現場での対応力も十分になっていることが多く、育児休暇に関する制度もしっかりと整っていることが多いです。

子育てという視点で病院を選んでいきたいのであれば、看護師の数がしっかりと多いということは必ずチェックしておきたい要素になります。
それ以外に施設内に保育園等の育児施設、サービスがあるかどうかも確認しておきたいものです。
このような設備が整っている場合、育児への理解があることも多いです。


ただ、注意しなければいけないのは、施設内に保育園等の設備が整っているから、どんなことがあっても出勤し、子供はそこに預けておけば良いと考えている職場です。
また何でも病院で対応できると思い、出勤させようとする職場も少し注意が必要です。このような職場は育児をしっかりと考えているように見せかけて、実は何が何でも職員に仕事をさせようとする職場であることが多いです。子供のことを考えて対処することが難しく、育児に優しいようで、実は育児に優しくないという職場になっていることがあるため、設備が整っているからといって安心はできません。育児を重要視しているか、同時に子供のことをしっかりと考えてくれる職場であるかを確認することが大切です。

子供の人数と養育費を計算し、派遣の日数を計算してみる!

74

子供一人を大学卒業まで育てていくためには一般的に3000万円ほど必要になると言われています。
保育園、幼稚園等だけで200万円近くかかってきてしまうこともあり、養育費というのは思ってもみない数字になっていることが多いです。

看護師として仕事をしている時、育児中は派遣で仕事を続けるという人は多くいます。派遣で仕事をしていれば、全く仕事をしていない時に比べて養育費に対しての負担というのは軽減させていくことができます。

75

子供が1人であれば派遣だけでも対応することは可能となりますが(当然夫の収入によって変わってきます)、2人3人になっていくと、派遣だけで対応することは難しくなります。育児休暇が終わったらしっかりと復職をしていくことが求められるでしょう。

ある看護師のケースでは、子供の人数が2人で養育費用を少しでも軽減していくために、派遣業務を15日ほど入れています。15日と言うと、2日に一度仕事をしていくことになりますが、業務時間を短くしたり等の調節ができる業務を選択することで、負担を大きく減らしていくことが可能となっています。
派遣業務の内容にもよりますが、派遣業務15日ほどで、17万円ほど稼いでいくことができているので、月給と考えるとそこまで悪いものではないということになります。
この看護師は、育児休暇中だけでなく、復職のためのブランクを少しでも小さくしていくことを目的にしており、子供の成長に合わせて、仕事を入れていく時間、仕事の割合を増やしていくことで、より収入を増やし、スムーズに復職していけるように計画をしています。

派遣看護師でも子育て支援を受けられるの?

最近では子育てをしながら仕事をしていく人にとって「派遣」というものが大きな選択肢になってきています。それゆえに派遣という仕事形態が子育て支援という意味合いを持ってきていることも多くなりました。

正職員であれば子育て支援を受けられるケースはとても増えてきています。しかし派遣看護師の場合はどうであるかというと、特別に何か支援を受けられるというわけでもないと言えるでしょう。

76

もちろん自治体等の子育て支援を受けられる可能性はあります(自治体等によって条件は変わってくるので確認は必要です)しかし、勤務場所等から何か支援を受けられるかというと、勤務場所等で派遣に対して支援を用意していかどうかは勤務施設の方針によって大きく変わってきます。
当然派遣看護師に対しては十分な支援を用意していないこともあります。

ただ、前述したとおり、派遣という仕事スタイルそのものが、言ってしまえば正職員における子育て支援を意識した「時間を調節できる仕事スタイル」に近いものがあるため、施設で支援が十分でなくても、「派遣」というスタイルを利用することで子育て支援を意識した勤務(時間を調節できる勤務)をすることは可能です。

 

また休職をしている(復職できる正職員としての立場がしっかり残っている)場合には、休職先の子育て支援を受けられる可能性は十分にあります。(この場合派遣をして良いかどうかということが大きな問題になることもあるため、しっかりとした確認が必要です)

以上のことから派遣看護師は、制度の有無関係なく子育て支援を意識した仕事というのは一応できることになります。
制度等を利用していきたい場合には、事前に調査をして「早め」に手続をしていくことが大切です。早めに手続をしないと、支援を受けられなくなってしまうリスクがあります。

Q&Aみんなの家庭と仕事のライフワークバランス※子育てと看護師派遣を両立する秘訣

65 子持ちの看護師派遣は時給が下がったりしない?

64 子持ちの看護師派遣の時給が下がるということはありません。というのも子育てをしながら看護業務をしていきたいというニーズはとても大きなものになり、そのニーズを汲み取ることこそが人材を集めるキーポイントになっているからです。時給を下げるようなことがあれば、当然そこに人材は集まりません。そうなると看護師を集めることは難しくなります。逆に、待遇を良くしていくことによって求人効率はとても高くなり、優秀な看護師が集まりやすくなります。派遣と言っても派遣で仕事をしていく看護師が増えている近年では優秀な人が多くいます。職場におって派遣は即戦力でもあり、効率よく仕事をしてもらいたい職場にとっては貴重な人材になります。多くの場合時給をしっかりとした額に設定し募集をかけていくことになります。

ただ、注意が必要なこととして、「時給があがる」ということはあまり多くないようです。派遣として仕事を長期的にしている、職場環境によっては時給が順調に上がっていくことになりますが、あまり期待できないことが多いです。それゆえに最初に提示された時給設定というのがとても大切になります。通常のアルバイトのように時給があがるはずだから・・・という期待はあまり持っておかないほうが良いです。

それでも間接的に時給を上げていく方法はあります。それは残業を多くやることです。残業をすることで手当てが増えて間接的に時給を増やしていくことができます。しかしこの残業によって時給を増やすという手段は、派遣の大きな武器である「短時間で効率よく収入を得ていく」という要素を殺してしまうことがあります。そのため残業手当等を期待するという場合であれば、正職員で仕事をしたほうがメリットは大きくなるでしょう。
どうしても残業が必要で、その分の手当てが出るというのは派遣業務であっても大きな魅力であるので、残業手当自体はあったほうが良いのは確かです。

 

65 激務の看護師 子育ては家族一丸でやってますか?

64 看護師が子育てをしていくためには、職場の協力も必要ですが、何より家族の協力が必要不可欠です。夫婦揃って医療従事者であると、このあたりが少し厳しくなってしまいますが、職場の理解があれば解決できるので、やはり職場と家族の両方の協力が必須になります。
夫の協力や家族の協力を受けることができないと、子育てに関してのストレスというのはとても大きくなってしまいます。夫の良心や自分の両親等が協力的であると保育園等を利用しなくてもしっかりとした育児をすることが可能になるケースもあります。また場合によっては、育児をするもの同士で協力することもあるでしょう。このような場合育児をする大変さを共有できるので、お互い協力をして子育てをしていくことができ、家族以外にも協力者ができとても心強く感じるでしょう。ただ、家族ではないためあまりにも頼りすぎてしまうと、関係が壊れてしまうことがあるので、適切な頻度で協力をしていくことが大切です。家族一丸となって子育てをすることができると、子供も多くの人に接することができます。最初は大変かもしれませんが、慣れれば、トラブルがあった時の子どもの逃げ道として活用することができるので、非常に大きなメリットが出来上がっていくことになります。
核家族化が進んでいる現在ですが、できれば多くの人を利用して子育てをしていったほうが良いです。
一番大切なのは夫婦の協力であり、ここがしっかりしていないと他の人に育児を頼みづらくなってしまうことがあります。夫婦の関係を良くしていくことが家族一丸となった子育ての基本です。派遣看護師であればある程度育児に余裕が出てくるので、家族一丸になる必要はないと考えてしまうかもしれませんが、育児から少し離れる時間というのは親としてとても大切な時間になります。一丸となって子育てができると、育児から離れられる時間を用意できるようになるので、より育児に余裕を持ってのぞんでいくことができるはずです。

 

派遣看護師の子育ても両立できるおすすめ転職サイト

育児に積極的で託児所などがある病院に強いおすすめ非常勤転職サイトランキング

1位

看護のお仕事派遣

派遣の業務を探している看護師にとって、非常に頼りになる転職サイトの1つに、看護のお仕事派遣があります。派遣求人に特化したこのサイトは、非常の豊富な派遣求人情報を扱っています。看護師の派遣というのは非常に数を増やしてきているため、取り扱っている情報というのはどれも新しく、また魅力的な待遇の情報になっています。派遣のニーズが高まってきていることから、看護のお仕事派遣も情報の精査を行なっており、できるだけ待遇の良い情報を扱うようにしています。

はじめて派遣の情報を探そうと思っている人にとっては派遣に関する総合情報サイトとして利用をすることもできるので、有意義な情報収集にしていくことができるでしょう。
看護のお仕事派遣 ママさんナースランキング

 

2位

メドフィット看護師

安定した求人情報サイトとして看護師に人気があります。派遣の情報も多く扱っており、正職員に関する情報も十分に扱っています。看護師業界について詳しく、業界を意識した転職などを行っていくことができるようになっています。
看護師からも人気が高く、信頼度も高いものになっているため、比較的安心してしっかりとした転職をしていくことができるでしょう。
転職エージェントに対して、派遣に特化した求人情報を見つけていきたい、探しているということを伝えることができれば、情報収集、情報発見についてエージェントの支援を受けていくことができます。
メドフィット ママさんナースランキング

 

3位

ベネッセMCM

大手ベネッセによる、医療関連職の求人サイトとなっています。
医療業界全体に大きな関心を持っているサイトであり、その上で看護師情報をしっかりと集めていくことができます。看護師についての専門性も十分であり、派遣に関する情報も集めていくことができます。医療から福祉に関して職場の情報を持っているので、医療だけではなく福祉の場面において派遣の仕事をしていきたいという看護師であっても有意義な情報収集をしていくことができるでしょう。

当然、育児等に理解のある職場を探していくこともできるので、育児をしっかりとしていきたい人の職場探しにも、ベネッセMCMはしっかりと利用をしていくことができます。
ベネッセMCM ママさんナースランキング